ジェネリック薬品

ジェネリック薬品について

医療用医薬品には同じ成分、同じ効き目でも値段の高い薬(先発医薬品)と安い薬(後 発医薬品)が あります。後発品は、欧米では一般名(generic name成分名のこと)で処方されることが多いため、 ジェネリック医薬品とも呼ばれています。

どのような画期的な発明の医薬品でも、その発売からおよそ6年後、または特定年月で特許が 切れると、その有効成分や製法等は共有の財産になり、医薬品製造業者は自由に医薬品を製造 できるようになるため、同じ成分の医薬品より安く国民に提供できるようになります。

開発費について

新薬(先発医薬品)を開発するには、約10~15年の期間と150~200億円の費用がかかるのに対し、後発医薬品の開発は3~5年の期間と数千万円程度の費用で済むと言われています。

後発医薬品は、すでに使用された新薬で安全性と有効性が確かめられていますので、ヒトでの安全性や有効性を証明するための臨床試験をする必要がありません。先発医薬品と同じ成分、同じ効き目であることを証明する等、承認申請に必要な試験項目、書類が格段に少ないため安い費用で開発できるのです。

ジェネリック薬品 3つの特徴

品質

ジェネリック医薬品と先発医薬品では、主成分が同じでも添加物や製法が異なります。
その違いが、薬の効き方などに微妙に現れるこ ともあります。ジェネリック医薬品は、厚生労働省での厳しい審査にパスしたものだけが医薬品として国民に提供されています。
しかし、同じ成分でも全く同じ医薬品を作るのは不可能です。これは、ジェネリック医薬品の質が悪いのではなく、先発医薬品とよく似ているが違う医薬品であるということです。

メリット

まず、値段が安いことです。ジェネリック医薬品でもメーカーにより値段の差があります。
他にもジェネリック医薬品はメーカーに よって様々な特色があります。

先発医薬品が湿気に弱かったり、光に弱い性格を持っていても、ジェネリック医薬品 は、それを改善したり、薬の味が改善されていることもあります。小児や老人が飲みやすい剤形等を開発することで、国民の皆様によりよく薬を飲んでもらえるように努力しています。

ご質問やご相談受付けてます。

ジェネリック薬品をご希望の方は
医師に希望であることをお伝え下さい。
処方箋をお出しいたします。
また、ご質問などもございましたら
医師にお聞き下さい。
お待ちしております。